So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

唐山大地震 [映画]

さて、3月も今日で終わり。今月も更新しなかったなぁ。
なんかだんだん書くのが苦手になっていく。

今月は観劇もなし。でも映画は見たな。
久しぶりに見た『青の炎』も良かったけど、なんといってもこの前観た『唐山大地震』が素晴らしかった。
内容はつらい苦しくなるような場面も多い映画。
4年前に公開される予定だったのが、公開予定直前におこった東日本大震災のために公開延期。
今年になってようやく公開になった映画。
冒頭、そして終盤の2つの地震。見ていてほんとに苦しくなった。でもこの映画は地震そのものを描いた映画じゃない。
地震で心に傷を負ったまま家族。母、姉弟。そして再開。
苦しいだけじゃなく希望もちゃんとある。
ここでいくら書いても伝えられない。是非見てもらいたい映画。
http://tozan-movie.com/

そしてこの映画の中で何故か心に残ったっこと。
途中でおこった小さな地震。その時の弟の言葉。正確な台詞は覚えていないけど。
「小さな揺れは問題ない。大きな地震は逃げても無駄」
こんなような言葉だった。大地震、そしてそこでの悲惨な状況。実際に体験した人でなければ言えない言葉だろう。

明日から4月、新年度。
来月は観劇予定が一つ。
『サイケデリック・ペイン』
それと水越けいこさんのライブも。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0