So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

エイティーン [本]

前に書いた誉田哲也氏の『武士道』シリーズ。
他の本も読んだりしてたので、ようやく『エイティーン』に。
前二作とはちょっと雰囲気が変わりますね。
理由ははっきりしてます。
『シックスティーン』『セブンティーン』では早苗と香織の一人称で語られる章が交互になってました。
この『エイティーン』ではその合間に他の人の章が挟まれている。
同じペースで読み始めたら少しリズムが崩れてしまった。
でそれがいいのかどうか。
まだ半分ほどしか読んでないので、まだなんとも…


武士道エイティーン

武士道エイティーン

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 単行本



武士道シックスティーン

武士道シックスティーン

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本



武士道セブンティーン

武士道セブンティーン

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本



武士道シックスティーン (文春文庫)

武士道シックスティーン (文春文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/02/10
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

takanobu

ついにエイティーンまで来ましたね。
私もエイティーンを読み始めた時に、それまでの2冊と違ってたので、少しペースが落ちました。
by takanobu (2010-09-11 15:43) 

nightriver

takanobuさん***
書き方が違うこともありますが、なんで二人を万全の状態で戦わせなかったのか。
最後まで読めばわかるのかもしれませんが。
by nightriver (2010-09-11 16:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。