So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
前の5件 | -

 [舞台]

杏ちゃん、次の舞台決まったようですね。
『足跡姫』~時代錯誤冬幽霊~
NODA・MAPか、いいな。
また宮沢りえさんと一緒だな。古田新太さんや池谷のぶえさんもいる。



でもその前に『母と惑星について、および自転する女たちの記録』のことを。

大阪での2公演観てきました。
いろいろ感じたこともあるけど、その中でも「骨」が結構気になってしまった。というか、父や母の遺骨のこと思い出してた。

父が死んだあと、その遺骨の一部を持って富士山に登った。一度も富士に登ったことなかった父と一緒に山頂まで。
そして母の遺骨、その一部が小さなカプセルに入っていつも持ってるバッグの中にある。この舞台を観ている時も足元に。

そんなことを思い出しながら観てました。だからあの散骨のシーンが妙に心に残ってる。

志田未来ちゃんは初めて、田畑智子さんは何回か観てる。そして斉藤由貴さんは2回目。
田畑さんは杏ちゃんと同じサリバン先生やってるんだよな。
斉藤由貴さん観たのは『紫式部ダイアリー』
あの時は長澤まさみさんとの舞台で、紫式部と清少納言、対等の立場。それが杏ちゃんとは親子か。


DSC01303.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

新・幕末純情伝 [舞台]

梅田芸術劇場メインホール

『新・幕末純情伝』

何度も観てきた演目。松井玲奈さん主演ということもあり、観てきました。
(7月23日17時公演)

IMG_20160723_142645.jpg


悪くはなかったんだけど、正直もう一つ、といった感じ。
その一つの要因は劇場。
これをやるにはちょっと大きすぎたな。梅田芸術劇場ならドラマシティの方がこの芝居にはあった大きさなんだろうな。
東京では銀河劇場と紀伊國屋ホール。やはりそのサイズで作られた作品。
大阪公演は5回だけで玲奈さんの集客力を考えてメインホールになったんだろうけど。

それと台詞の聴きとりにくさ。これは前に『飛龍伝』観たときにも感じたんだけど、音が響きすぎて聴きとりにくい。何度も見た芝居だから聴きとれなくても何を言ってるのかは大体わかるけど。

話の内容はもちろん今までと同じ。時事ネタや出演者ネタを入れてくるのも同じ。ただ今回はちょっとやりすぎた感有り。もちょっと抑えてもよかったんでは?とくに出演者ネタはわからないのもあったし。(もちろん私が知らないだけなんだろうけど)

そして玲奈さん。
演出の岡村俊一さんが絶賛してたので、ちょっと期待しすぎたのかな?
合格点ではあるけど、期待ほどでは・・・
殺陣も途中からは良かったけど、最初の方はあまりキレがなかった気がした。
それと声。
声が潰れた感じ。元々なのか、公演続きで潰してしまったのか。元々なら仕方ないけど、潰してしまったとしたら、やはり役者としてはまだまだということ。

まぁちょっと厳し目に書きましたけど、楽しめた舞台でした。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

今年も [日記]

毎年撮ってるこの桜

DSC01034.JPG
DSC01035.JPG
DSC01038.JPG
DSC01036.JPG
DSC01039.JPG
DSC01037.JPG
DSC01040.JPG

昨日からの雨で散り始めてた

3/31にはまだつぼみが多かったのに

IMG_20160331_102104.jpg
IMG_20160331_102031.jpg
IMG_20160331_102045.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乃木坂46という「希望」 [本]

今日、3月20日発売になったばかりの本

土坂義樹著

乃木坂46という「希望」
ー彼女たちの表現世界が語る"もうひとつの声"


私が乃木坂ファンだから買った本
乃木坂46の映像作品を中心に乃木坂というグループを論じる、という内容
まだざっと流し読みしただけですが、なかなか面白い。私が感じていたことが、あぁやっぱりそうなんだ、と思えるところもあるし、そうだったのか!というところもある。
もちろんそれは著者の見方であり実際には違うところもあるのかもしれない。でもやはり興味深い
私はここにでてくる映像を知った上で読むのだが、知らない人が読むとどうなんだろうか?
それでも乃木坂46に興味のない人にも読んでもらいたい。

さっきも書いたように、まだざっと流し読みしただけ。ゆっくりじっくり読んでいこう。


乃木坂46という「希望」  ―彼女たちの表現世界が語る “もうひとつの声

乃木坂46という「希望」 ―彼女たちの表現世界が語る “もうひとつの声"

  • 作者: 土坂 義樹
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

麦の穂をゆらす風 [映画]

AmebaFRESH! の『イニシュマン島のビリー』特番で古川雄輝さんがアイルランドのことを勉強してから見て欲しいというようなことを言っていた。その中であげられた映画が『麦の穂をゆらす風』(番組内では『麦の穂のゆれる風』と言ってましたが)

正直見始めてすぐは、これ最後まで見られるだろうか?と思った。映画館でならともかく家で一人で見るには重い。それでも見ていくにつれじっと見入っていた。次第に引き込まれる。
アイルランド、イギリス、IRA。知識として少しは持っているがよくわかってはいない。そしてその知識もイギリス側から見たものが多い。こうしたアイルランド側からの描かれ方は初めて見るものだった。
どちらが正しいとか、どちらが悪いとかじゃない。それぞれがそれぞれの立場で戦っている。
これを見たからといってアイルランドのことをわかったとはいえないが、何か私の中に残るものがあった気がする。

さて、そしてこの映画を見た目的。『イニシュマン島のビリー』の予習としてのアイルランドの歴史のお勉強。
これを見たからこそ舞台を見たときに感じられる、というものはあるのだろうか?


麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション [DVD]

麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



麦の穂をゆらす風 [レンタル落ち]

麦の穂をゆらす風 [レンタル落ち]

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2007/04/25
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -